前へ
次へ

パスタにおけるアルデンテはどんな意味か

日本の主食はお米でありご飯を食べる人が多いでしょう。
でも日本独特の麺類も多く、うどんやそば、さらにラーメンも中華料理でありながら日本文化における麺類と言ってもいいかも知れません。
海外にも多くの麺類がありアジアのフォー等が知られていますが、何といってもパスタが良く知られているでしょう。
パスタはイタリア地方の麺類で、マカロニなど麺と言えそうにないものも含まれます。
日本においてはスパゲティが良く知られていて、ミートソースをかける料理やナポリタンが非常に人気でした。
その後イタリア料理ブームが巻き起こってその時にアルデンテとの言葉が良く使われるようになりました。
アルデンテはスパゲティがちょうどいい状態で茹で上がっている状態を意味します。
日本では麺はこしの強さによっていくつかの違いがありますが、イタリアではちょうどいい状態の言葉しかありません。
もっと固めやもっと柔らかめなどがない状態です。
日本人にはアルデンテより少し柔らかめを好む人が多いようです。

Page Top