前へ
次へ

生のうどんを安い時に買って冷凍保存は正解か

カップ麺などは安くても100円、特価で80円ぐらいです。
一方生のうどんやそばはスープは付いていないものの一玉50円ぐらい、激安店だと15円等信じられない値段で売られています。
さらに消費期限が近付いているものは半額などになっていて10円以下で買える時もあります。
生のうどんを安い時に買って冷蔵保存するのはいい方法かどうかです。
うどんの冷凍に関してはまず冷凍うどんが売られている事実を知っておく必要があります。
業務用食品を扱っているお店の他、冷凍食品メーカーなども販売しています。
となるとうどんを冷凍しても問題ないように感じます。
実際に生のうどんを冷凍して解凍すると、ぼそぼそになったり切れやすい経験をした人がいるかもしれません。
冷凍で販売されているうどんは冷凍をするのを前提にしているので、解凍方法を守ればきちんと美味しく食べられます。
生のうどんは冷凍を前提にしておらず、冷凍して解凍するともちもち感などが失われやすくなります。
ただ冷凍うどん同様の解凍方法を取ることで多少美味しく食べられるときもあります。

大阪で健康にも良い昆布の佃煮を作る店

肉の専門店のため美味しいお肉を提供できます
40年近く営業しているお肉の専門店のため普通のスーパーで購入するよりも美味しいお肉でバーベキューを楽しめます。

限定のメニューも提供しています
定番メニューだけでなく、限定のメニューも提供しているのでいつ行っても違うメニューを楽しめます。

スープまで美味しい取り寄せできるもつ鍋
肉・野菜を入れて火が通った時に一番美味しく具材との絡みもよいスープのため、最後まで美味しく召し上がれます。

Page Top